太陽光発電所紹介【九州編】

日 付令和2年8月17日内 容太陽光発電所 進捗情報 開発を進めている太陽光発電が着々と完成へと向かっております。 今回は、九州の太陽光発電事業について一部掲載します。

・玖珠太陽光発電所

大分県玖珠郡玖珠町に開発中の約24MWの大型発電所です。 写真下部調整池は令和2年7月豪雨災害でも機能を発揮し貢献してくれました。 今後は上部の地盤改良、架台設置を並行して行いますので随時掲載します。 ・フロンティア宗像太陽光発電所


福岡県宗像市に開発中の約16MWの発電所です。 上写真がA工区、下写真がB工区です。 今後はB工区の施工を中心にお伝えしてまいります。 ・大任町今任原太陽光発電所

福岡県田川郡大任町にある1MWの発電所です。 2015年より稼働しており、弊社でメンテナンスを請け負わせていただいている発電所です。 事業者より伐採・防草対策をこまめに依頼いただいているため、写真でもご覧いただける通りに影が無く太陽光を最大限に活用できております。 メンテナンス作業についても随時掲載しておりますので是非ご覧になってください。 ・飯塚太陽光発電所

福岡県飯塚市にある1,152MWの発電所です。 今年の4月に稼働を開始いたしました。 パネル下の防草対策としてアスファルト乳剤を散布しております。 今回は太陽光発電所の九州編としてお伝えしてまいりました。 その他、各所にも発電所がございますので次回掲載をお待ちください。