福山市 IBボックスカルバート

日 付:平成 30年 10月 22日

営 業:多田 研史

施 主:福山市

施 工:占部建設工業株式会社

工事名:福山市総合体育館周辺道路整備工事

製 品:IBボックスカルバート(B)1300×(H)1000 L=262m

概 要:標準ボックス(全国ボックスカルバート協会型等)にIB可とうゴム輪と特殊パッドを取り付けるだけで、所要の地震動に対する耐震性能を満足できる経済的な継手構造のボックスカルバートです。

~特 長~

①レベル1、2地震振動による目地部の抜け出しに対して十分な水密性が確保されます。

②ボックスの継手形状や基礎形状を変更することなく利用できるため、経済性に優れます。

③施工歩掛は通常敷設施工と変わりません。(PC縦締め緊張は行いません。)

④継手の構造は従来と同一のため実績も多く信頼性が高いです。

⑤軟弱地盤にも対応が可能です。







昨年に引き続き広島県福山市競馬場跡地再整備の為、耐震性ボックスカルバートを納入しました。


【IBボックスカルバート IB50タイプ】

長尺化した継手差口に耐震性ゴムリング、受口にはコーナーパッドを取付けた高い変位追従性を有した、通常敷型を基本とした耐震性プレキャストボックスカルバートです。標準製品を利用した曲線施工性能を有し、抜出し防止金具を設けることで設計値を上回る抜出しを抑制することが可能です(抜出し防止金具はオプション対応となります)。